企業内における相談と資金調達が重要なMBO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MBOはマネジメント・バイ・アウトの略で、企業の合併・買収であるM&Aの手法の一つです。外部からの敵対的買収ではなく、企業の特定事業部門や子会社について企業経営者が内部での相談を十分重ねたうえで、事業の継続を前提に、必要に応じて投資ファンドなどから金融支援を得て独立する友好的買収形態です。主なメリットは、第1に上場廃止によって市場で買収を仕掛けられるリスクを排除する企業防衛策が構築できることです。第2に市場動向に右顧左眄することなく中長期的な経営戦略が展開できるので経営の自由度が高まることです。第3に情報開示の必要がなくなるので企業秘密の保持が強化され競争力が高まることです。スムーズに実現するには、金融機関や投資会社などからの資金調達と、合理的なスキームの策定および実行をサポートするM&A専門企業からの包括的支援が重要です。資金とノウハウを両輪にスピーディに進行させるのが成功のポイントになります。

金融支援における投資ファンドの重要性

MBOを成功させるための資金調達手段は重要です。一般的に中小企業から大企業まで金融機関からの融資については十分な経験やノウハウを持っていますが、投資ファンドからの出資については不慣れなケースもあります。こうした場合はM&Aを手がける専門企業に相談するなど金融支援に関する枠組みやMBO対象会社の売却価額の論理的な算定について、細かな連携が求められます。ファンドの目的は投資先の企業価値を高めて投下資本を回収して利益を生むことにあるので、新体制移行後の会社側とファンド側との友好的な関係が重要です。具体的には出資に見合う利益創出のロードマップの提示、安定した意思疎通の形成、事業継続のための具体的な承継戦術、外部からの人材招請も視野に入れた人材確保など多面的な経営戦略を確立し、友好的関係を維持継続することが求められます。

株式集約の手法と子会社の立場に立ったMBO戦略

MBOにおいて障害となることがあるのが、分散してしまった株式をどう集約するかという問題です。少数株主が多数存在している場合は、分散株式の集約や少数株主の株式取得をスムーズに行うためキャッシュ・アウトという方法がよくとられます。これは会社法の規定に沿って一定割合以上の株式を持つ大株主が少数株主の株を承諾なしに強制的に取得し、少数株主を会社から締め出すための手法です。その目的は何より迅速な処理にあります。子会社のMBOは、成長分野に特化した資金集中や、逆に不採算部門の切り離しなどが目的となることが多く、こうした経営判断は何より迅速な意思決定と子会社のメリットを視野に入れた経営の効率化が求められるので、その前段となる株式取得に時間をかけるのは得策ではなく、スピードが肝要になるからです。

帝国データバンクグループを引受先とする第三者割当増資を実施。 M&Aコンサルタント一人当たりの成約件数は、業界平均の倍以上の水準です。 事業会社、協力関係を構築している金融・投資事業者や税理士・弁護士などの数は10,000社を上回ります。 会社の事業承継・事業譲渡を検討している大手企業も対象です。 主にM&Aに関する仲介、斡旋、アドバイザリー業務です。 M&Aの助言・サポート支援。 MBOのご相談ならオンデックスへ

ピックアップ記事

子会社のMBOはグループ全体での相談も必要

M&Aの手法の一つであるMBOは経営陣が参加する企業買収です。経営陣が所属している事業の特定部門や関連企業を買収して独立する手法で、分社化や事業売却、あるいは事業撤退を目的とするものまでさまざ...

MBOに関連する株式集約の相談は重要ポイント

経営陣が自ら事業体の一部や関連会社の企業買収を行うMBOをスムーズに行う条件整備として、分散している株式を集約したり、少数株主から株式を取得する必要に迫られることは少なくありません。スピーディに問題な...

MBOファンド導入の際は専門業者に相談

自己の企業買収に経営陣自身が参加する形態であるMBOにおいては買収主体となる経営陣が必ずしも必要十分な買収資金を調達できない場合がありますので、出資ファンドから出資を受けられるかどうかは重要なポイント...

MBOの金融支援策は専門企業に相談するのが賢明

MBOは企業の合併や買収の一形態です。買収にはおおまかに敵対的買収と友好的買収の2形態がありますが、このケースは事業体の経営陣が参加する友好的な企業買収です。企業の中の特定の事業部門や関連会社の経営責...